右か左

 最近話題になっていた「橋本市長がふるぼっこにするMBS記者」
の動画を見た。その後、2ちゃんねるとかのコメント欄を見ると、
MBS批判ばっかり。あの会見で好意的な意見は出ないと思う
けど、ちょっと安易すぎるんじゃないかな。

 テレビがあの30分を全部放送できないように、記者は質問をぶ
つけて、橋本市長の失言をとろうとする。この場合の失言は、
「法律的には何の問題もないが、私個人の意見としては国歌は
絶対に歌うべきだ」こういうニュアンスの言質が取れれば、テレビ
は編集の力で「寄り」か「叩き」の方向に世論を持っていける。

 もしくは、「法律的には何の問題もないが、国歌をああいう形で
歌わせるべきでなかった」でもいい。そしたらそれはそれで橋本市長
が昔言ったことと整合性が合わなくなってくるから叩ける。この場合
の寄りと叩きは、何もわかりやすいものじゃなくていい。味気ない生の
素材に少しの味付けが必要なのは料理もニュースも一緒だ。この
発言と前回の発言の対比で作るなら、矛盾しているなぁという印象
をふわっと投げかけるように作ることもできる。


 橋本市長のすごいところは、それが違反しているか、してないかを
記者に聞いたところ。「違反でない」と記者が言ってしまうと、その後の質問
に行けなくなる。実際、違反でないのだからこれには答えれないわけだ。

 だからうまくそのあたりをごまかして、もしくは忘れさせて本当の質問
まで持っていかなくてはならない。でも、橋本市長はその土俵から自分
からは出なかったために、全ての質問を封じれてしまった。

 もしくはそこを避けて別の方法で発言を引き出す方法もある。その場合は、
別の秘策を持って立ち向かわなければいけなかったのだけれど、それが
「回答率25%の校長アンケート」と「子供に何で国歌を歌わないといけない
と質問されたらどう返しますか?」というつっこまれたら終わる品物。でも、そ
れはそれでいい武器だったかもしれない。別の市長だったらテンパって
言ってたかもしれないからだ。


 でも試してみてダメだった。それですぐ引かなかったからボコボコにされた。
それは確かに敗因だろうけど、外野が一様に質問の仕方とかを文句言うのは見てて
なんか違うやろと思ってしまう。だって、戦ってるんだから。ボコられたのは
最終的な結果でしかない。通用しない武器で戦っているのに気づかず、逃げる
タイミングを逃したことに文句を言うべきだ!!!




 こんだけ言っておいて、数字とか問題とか間違ってたら恥ずかしくて死にたくなるね。


 ネットで全体像が見れるのであれば、論理を簡単にして、明確な勝ち負け
をつけてやれば、ネットの住民はきれいに右か左に全員向いてくれるのが
わかった。橋本市長はそこまで考えてそうだね。




ふぃn

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック