エコな秋葉原

もうすぐ夏だ。


地震の影響からか、節電に対する意識もあり、扇風機が売れている
と聞く。


我が家でも夏に向けて扇風機を買おうという話しが最近でた。


秋葉原にもエコ扇風機やエコクーラーなどの広告があるが、実際
歩いてみると店舗には扇風機などを展示しているところは少ない。


秋葉原ではやったものを並べてみると、

1930年代~40年代  ラジオ

50年~60年 家電

70年~80年 オーディオ・マイコン

90年代 パソコン

2000年 萌え・オタク



と時代によって変化している。これが秋葉原の強さであり、
特異性でもある。一つの流行が終わり、新たな流行が生まれる。


しかし、秋葉原が復活するときには、それまではやっていたものも
完全には死滅せずしぶとく生き残っている。


これは他の世界各国の都市でを見てもありえないことだ。


萌え・オタクの街、秋葉原が生まれた源流は戦後の闇市にある。





つづく






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック