テーマ:読書感想

罪悪感

 井上雄彦さんのインタビュー集「空白」を買った。 ようやく罪悪感が少しだけ薄れた。バカボンドも全て 中古で買い、こんなに面白くて、絵も全て綺麗で、なん か禅の指南書3冊分くらいある内容なのに、100円 で買っててすいません。という思いがずっとあった。  「空白」を1400円で買ったとき、あーやっと俺の微々たる 印…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと読める

 今月から読書を小説に絞って読み出した。お腹一杯で たまに小説以外に逃げたくなるけれども、いいペースで 読めている。 ・『京大少年』 ・『ザ・万遊記』 ・『ザ・万歩計』 ・『無趣味のすすめ』 ・『失われた文明マヤ』 ・『メキシコ・グアテマラ旅の本』 ・『宮部みゆきの怖い話』 ・『長い長い殺人』 ・『ヴォバリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『メロディに思いを込めて』

 見渡す限り弓なりに広がった海岸を2人で歩いていた。さらさらの砂で覆われたプラヤビーチには人はなく、夕日に照らされた二人の影だけが、大きく海岸に広がっている。冷ややかな風が椰子の木を揺らしている。  「次はいつ戻ってくるんだい?」僕は幼馴染のビアンカの横顔を見つめた。  「えっと、そうね、半年後には一度帰ってくるわ」  漁業を生業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『引き返せない』

 何がスイッチなのかわからない。一度そのボタンが押されると、もうやめることができない。がつがつと食い物を漁り、食べつくすまで止まることはない。そうやって食べ散らかした残骸を見て、あっと我に返るのだ。肥大していく欲望、蛇がネズミを丸呑みするように、欲望は理性を食らいつくしていく。  私は絵巻物に描かれる餓鬼の姿に自分を重ねてみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『第三回草津改め有馬素人漫才大会初戦敗退』

島根「どうも~、島根と鳥取で漫才やらしてもらってます。    ウェルカムズです。皆さんよろしゅうね」 鳥取「こら!お客さんに失礼やろ!よろしくお願いしま    -す」 島根「3度目の正直ということで、1回目から出場させて    もらってますが、今だに一回戦抜けることできませ    ん。もうお客さん、努力賞ということで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『第三回草津素人漫才大会に向けて』

鳥取「また一回戦敗退や。それにしてもむかつくな     あの溝口ってやつ。お前らに俺らの漫才がわ     かるかっちゅねん、なぁ、島根」 島根「あの人怒ったんだって、俺らにはまだ早いよ。     いじって笑いとるの。もっと、なんていうか、     スタンダード路線に変更したほうがいいんちゃう」 鳥取「なんやねんス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『第二回草津素人漫才大会初戦敗退』

●どうも、どうも、僕たちウエルカムっていうコンビ で漫才やってまして、僕が鳥取。んで、こっちの丸 っこいのが島根です。 ○丸っこい??まぁ否定はできませんね。去年僕ら この素人漫才コンテストに出たんですけど、やっぱり あれね。初めての大舞台ということで緊張しましてね。 コンビ名言うの忘れてたんですわ。 ●審査員から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あぁ題号バスケ部一年生2』

 特訓の説明を長々としてきたのだが、その恐怖の特訓の日のバスケ部の練習を思い出してみるとする。  その日はまだ4月というのに曇っていた。桜は散り、男子高校の雰囲気というのもわかってきた頃、一般生としてバスケ部に入部した木村には、もう既に2週間ほどで一つの学校生活パターンが確立させていた。  それは朝練を終え、授業が始めるとほとん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あぁ題号バスケ部一年生』

 伝統ある部活には変な慣習がある。私が入っていた題号高校 のバスケ部にもそんな変な慣習があった。ただ、一つ言わせても らうならばその当時の僕らが、この慣習について特別変だとか おかしいなといった思いがあったかというと……いや、まったくない。  インターハイ常連校でバスケをやる。その一心であえて男子校 を選び、クラスの友…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『共産党印の花粉薬』

 「世界的な大恐慌の中、急成長を遂げる製薬会社ポレンの 原田社長が中国共産党と提携してアレルギー薬を共同開発 することが決まりました。18日に中国入りした原田社長は中央 弁公庁の令計劉氏との会談を昨日終え、具体的な提携内容 について話しあったものだと思われます。現地からCBB記者 の迫がお伝えしました…」  80年前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●泥まんじゅう●

 怖い怖いっていっても何が怖いんでぇ?えっ、たっちゃん。 そりゃおめぇ昔から怖いものの相場って言やぁ、地震、雷、 火事、親父ってね。結局はその親の顔ってもんがどんな天災 よりも恐ろしい、言わばこれは、ちっちぇえ頃から怒られてば かりいりゃあ、大人になっても真っ先に思い浮かぶのは親父 やおかぁさんの顔じゃあねぇか。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本好きの行動を挙げていこうぜwwwwwws

本好きの行動を挙げていこうぜwwww 1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 毎回ブログで読書感想 2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ある時期古典に目覚める 3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします >>2 くっそわろた 4:以下、名無しにか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『第一回草津素人漫才大会初戦敗退』

●いやぁどうも。 ○どうもどうも、こんにちは、今日はまぁ席全部埋まって    て嬉しいですね。 ●いつもスカスカみたいな言い方だな。 ○そうですよ~、忘れないでください。僕らの人気のなさを。 ●そんなことよりもですね。僕今回こそタバコ辞めようと思って    ます。 ○またかいな、今年何回言いました? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もし作者が外人でその時代の言語を理解できなかったら

 古来マヤ人たちは迎え撃つスペイン人の騎兵を見て驚いた。 馬に乗り鉄器を使う彼らを人馬一体と思い込み、超自然的な 生き物を相手に戦っていると信じた。  アステカ国王のモクテスマ2世からの命を受けたマヤ人部隊 はタバスコの海岸に上陸したスペイン人達を襲うべく深い山林 を進んでいく。隊長は不安げな顔を浮かべる兵士達を見回す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●秘めた想い●

 この一年の事を忘れない。  桜が散り出す頃に就職を決めた、私の親友の 貴子。あなたが勤めることになる会社はトリコン と言い、兵庫の温泉地を巡るバス会社だ。  「貴子はバスガイドになるの?」地元でも有名なその 会社に就職が決まったという話を電話で受けた際に、 闊達なバスガイドと無口な貴子とのギャップが大きかった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログランキング

 知り合いとの連絡に毎回メールを打つのが面倒で 始めたブログ。それも4年くらいになる。細々とした 年金生活者みたいに、ひっそりと行っている。ブログ を書くときはログインしてマイページに入る。編集画面 で今までの一覧が見れるのだが、そこにはその記事の 閲覧数が表示されていて、この数字で一喜一憂 してしまう。  以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詰め込み学習

 目黒図書館で読みたかった本はスペイン文学。川田さんが 買った本。バルガス・リョサの「小説家への手紙」という本で ラテンアメリカ文学に興味を持ってしまったからだ。  いちいち固い文章。まるで詩のような語りかけ。クイズを解い ているかのように読んでしまった。そして2周目は借り物にも 関わらず勝手にペンをとり、重要な箇所に線を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品川におります

 品川のルノワールにおります。コーヒーがスタ丼以上の値段 するところです。そこで「小太郎の左腕」を読み終えました。  和田竜さんの歴史物です。確か一年ほど前に松から借りた 「のぼうの城」や忍者ものが面白かったので読んでみましたが 、面白いけど。前作ほどの感動はありませんでした。  戦国時代のスナイパーの話です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パラレルワールド

 朝9時に起きた。水滸伝3を読み始める。梁山湖に志を持った ものが集まりだし、徐々に叛乱の流れが起きてくる。  朝から重いステーキを食べているくらい、熱い男達が広大な 中国を駆け巡っている。ステキ過ぎて「うぷっ」っとお腹がいっぱい になる。  ドトールに出かけてバカンスを楽しむ。the beachでは主役の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作りがしっかりしているって

 the beachのDVDを松に借りて見た。昔ものすごく好きだった んだけど、今見てみるとまた違う印象を持った。  ちょっと無理があるよね。2時間ちょっとでまとめきれてない。 そんなふうに感じた。  サルから向かいの島の見張りを命じられて、一人でいることが 楽しくなって、ゲームをするみたいに農民のところに忍び込ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭いてぇ

 2日酔いで本を読むのもままならないので、「ピューと吹く ジャガー」を読んだ。ギャグは単行本で読むと微妙だね。 隔週でちょこっと読むくらいが笑える。 ふぃn
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最新宇宙論

 ホーキング博士は現代の宇宙論研究をリードしている 世界的研究者の一人で、ニュートン、アインシュタイン 以来の天才的科学者だと紹介されている。  ホーキング博士は21歳のときに筋萎縮性側索硬化症、 別名ルー・ゲーリック病という難病に冒され、全身の運動神経 と筋肉組織を失った。会話の自由を奪われた博士にとって 、代わり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュリーマンが来日してた

 ちょっと目先を変えて海外の名作を探してみる。ほとんど 知識がないため、ドストエフスキーとかアンネの日記とかしか 知らない。しかも微妙に暗い話であることを知っているので、 手が進まない。  ドンキホーテを読みたいのだが、やっぱり今日行った本屋 にもなかった。今ならアマゾンですぐに買えるだろうが、私は それを好まない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれだけやったんだから…

 どうにか読書量を測ってみたくなっている。どれくらい読んでいる のか、その具体的な数字が欲しい。  それで、どういう測定方法をとったらいいか考えてみた。冊数で 判断する場合、ページ数が多い本を読むのは不利だ。今日読んだ 「硝子のハンマー」などは、2,3日前からコツコツと読み始めて、眠る までウトウトしながら、読み進め、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞が溜まっている

 旅行から帰ったら、郵便受けに新聞が溜まっている。丁寧に 広告を取り出し、いつもの喫茶店で読みふけった。  天皇陛下のパイパス手術や東日本大震災の写真展などの 記事が紙面を賑わしている。プロ野球の宮崎キャンプも中盤を 過ぎ、徐々に紅白戦も組まれているようだ。  楽しみな記事がある。たまにスクラップにして取っている 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブックオフの罠

 活字もいいが漫画もいい。あまり昔から集めたりはしないのだが、 特に気に入った漫画は集めていた。 ・嘘喰い ・俺はキャプテン ・新宿スワン  あれ、このくらいしかなかった。  五反田という性の繁華街が家から2駅くらいの位置にある。一度 しんたろーと一緒に行ったが、性の繁華街というには寂しい街…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記録を作りたい

 読書家になるにはどれくらい本を読めばいいか?という 疑問を持ったので、「読書家とは?」でグーグルに聞いてみる。 こんなバカな質問も知恵袋にのっていて、散々たたかれている。 偉そうに質問した人を小ばかにしたような回答が目立つ。 「一日に何冊という決まりはありません」 「私は一日3冊ですが、自分を読書家と思ったことは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドンキホーテ

読みたい。世界で2番目に売れた本。ドンキホーテ。読みたくて 古本屋を探すけれども、あまり無い。一番売れた本は聖書。 こちらは買って持ってますが、読んでない。 大学で読まされたっちゅうねん。 ドンキホーテは有名だけど、それは量販店のドンキホーテ で検索をかけたら大体、それがヒットする。 アマゾンで見つけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほっこり神話

 万城目学さんの「鹿男あおによし」を読んだ。ホルモーが腹を 抱えて笑えたので、期待していたが、さすがにそこまでは楽しめず。 期待値が高すぎたね。  奈良が舞台の関西3部作の2部目。是非「プリンセストヨトミ」も 読みたい。小説はあるのかな?もちろんあるのだろう。  インタビュー記事も漁って読んだ。あぁ、そういえば、僕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教科書

 昔、昔にアマゾンで「スローセックス」の本を買った。書店で買うのは 恥ずかしかったから。内容は覚えている。語れるくらい。それくらい インパクトがあった。ただ、実行してるかというと、出来てない。  確かジャンクセックスとかいう言葉があった。ジャンクフードみたいに 栄養のないセックスという意味だ。現代人は忙しくて、決まった行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more